MENU

仕事中に、こんな言葉がよぎる時はありませんか?

  • 自分らしく働いてみたいけど、会社でできるのかな?どうすればいいかわからない
  • 新しい仕事に挑戦してみたいけど、ちょっと勇気がでない
  • とにかく、今よりイキイキ楽しく働きたい!

もし、あなたの頭にこうした言葉がよぎったら、それは「もっと良くなる」チャンス。

 

 

 

 

 

 

一方で、共に働く人たちに対して、

  • 個人個人が主体的に行動したら、伸びるはず!
  • チームが活性化すれば、成果も出るはず!
  • 本音を話し合えたらいいのに!

などと感じているとしたら、今、彼らに働きかけて、

 

 

 

 

と気づかせるチャンスです。

 

私たちは、様々な状況に置かれ時間を経るうちに、生まれ持った成長意欲、向上心を、ちょっと忘れることがあります。

思い出すきっかけがないだけです。

「自分で」「気が付く」と、意欲や向上心から、自然に行動が変わります。

 

いつもと同じ環境で、いつもと同じことを一人で考えていても、何も変わりません。

第三者の視点を加え、「気づき」の幅を広げると、誰もが持っていた意欲、向上心により、仕事への取り組み方は確実に変わります。

個人からチーム、組織へ。

会社員が自分らしく、主体性を持っていきいきと働ける社会をつくり、笑顔が循環する世界を目指します。